人は単純なものである

今日は休みと言うことで、ちょいっとぶらぶら。。

New System

カメラシステムを一新するつもりで導入した。
最後の最後まで悩んだ挙句、最初に戻るというぅ。。まぁ人生はそんなもんかなぁ?
Sony α7RⅢ
を導入。初のフルサイズです。
サブ機としてはX-E2は現存していただくつもり・・・あとGXRも。
結局のところ、Nikon Zシリーズも素晴らしいとは思うが、使えるレンズがない。

私が持っているNikonのレンズ資産はすべてDタイプのレンズ故、Nikonミラーレス機の純正マウントアダプターをもってしても接続不可と言う点。また、販売されているマウントアダプターも出そろっていない状況では結局のところ1択の状態でした。
それとはやり”ローパスフィルターレス”この解像度を教えてくれたGXRには恨むかも。。
所詮、SNS投稿には圧縮するので高解像は不要かもしれないけど、自宅で等倍で見たときは絶句した!
当方のブログでは800ピクセル程度に圧縮している。7952×5304ピクセルからの圧縮・・・かなりなものだと思う。1/10以上でしょう。
基本、RAW現像しない私なので、JPEG一発だしが好み。しかもMF撮りと言う事で従来色んなピンボケ写真量産したり、露出不適切な写真を連発していました。X-Pro1からX-E2に変わり、EVFの性能向上に伴い、少しはピンボケ写真量産ではなくなりましたが、一番好きな広角系写真を撮れないジレンマに囚われながら、せっせと広角系レンズを収集しておりました。まぁ結局のところ自分の実力以外で、そのレンズのすべてを表現することができなかったのは事実です。でもやっとそれができるようになった。。非常にうれしくもあり、自分への言い訳ができない状況下になったとも思えます。
1枚目、SuperWideHelier やっと15㎜の広角感を味わえました。
2枚目、Vario-Sonnar 28-85 試写した画像をあえてトリミングしてみました。85㎜で撮影した画像をトリミングです。
3枚目、Helios-44 58mm いつもやってるAirlyPhotoチックなセッティングで
4枚目、Tokina FishEye ACSPクロップにて クロスプロセス風に
まぁ雪山に向けてカメラのセッティングやってますが、EVFの精度が上がったせいか、どうもアンダー気味に撮ってしまっている傾向。
それと自分が思った描写に近づけるセッティングを試行錯誤中です。
正直言って、取って出しの画像であれば富士フィルムの方が綺麗かもと思ってしまいます。
Sonyのシステムはピクチャーエフェクト(ビビットやぽートレードなどのシーンに合わせた設定)を主に使うみたいですが、自分好みの設定ができる(そう)なピクチャープロファイルと言うのもあり、現在は両者を使い分けて調整を行っています。
ホント、プロでもないのに・・・えぇめんどくさいですよ。でも結構楽しいかも。。

ぎょぎょっと

 

Twitterで知り合いから面白い情報を聞いて、某オク調べるとあったよ~。。
¥3000円以下で落札。
Nikonの職人さんが出してたトイレンズ。
3種類あって、興味あるのは魚眼。

画角が20㎜と言う事、フォーカスリングがない。。F8固定と言う課題有るけど、これがなかなか写ると思う。
アップした写真はそれほど魚眼らしくないけど、一応ぎょぎょで撮った写真。
フォーカスリングないので、まぢめには難しいけど、適当に遊ぶには十分かな?

中一工学もそうだけど、スペック、ブランドは関係なく今のボディでは面白い写真が撮れるね。
ただ写真の世界では、撮れてる・撮らしてもらってるでは、デジタル社会ではあかんのかも?
自分好みのものをどう表現するか?だと思う。
私の業界でも同じようなことがいえると思う。デジタルになって、FPDが導入され、写真1枚に対しての想い(うわぁ昭和チック)を表現するのではなく、トリミングや画像調整で・・・ま、それは置いとくか。。

その表現を一発(JEPG出し)で出せるセッティング・・・難しい。。
露出補正や測光方法、WBや色彩や濃淡の表現。それを補正する方法。確かに見る側のモニター特性、出す側のモニター、カメラのモニターによって違いが発生するとは思うけど、自分の仕事を踏まえても画像に対して真摯に受け止めたい。

武奈ヶ岳

久しぶりに武奈ヶ岳に行ってきた。

ホントよか山。手軽さを除けば一番ロケーション良く好きな場所。最初の急登は難儀したけど💦冬期も一度は伺ってみたい。しかし、広大な自然をファインダーに収めたく重い機材(カメラや交換レンズ)背たらいえっちらおっちらやってますが、先の投稿でも書きましたが、フルサイズが欲しくて仕方ない。

今のFujiFilm X-E2の写りに不満がある訳では無いけど、やはりセンサーサイズによる影響がなんともし難いのも事実。つまり広角系😥

コレばかりはどうしようもない。

諸般の事情により(フランジバック)私のStyle上はミラーレス一択であり、現在販売されている製品では、Sony、Nikon、Canonの3社。

うち後半2社は後発で、最近発売されたばかり。Sonyに至っては3代目が販売されている。

まぁ買うならNikonかな🧐と思っていたが、実機を触っての印象は「重い」だった💧X-E2と比較するのは間違いと思う。質実剛健と言うのか堅牢性、カメラとしての信頼性は以前から使ってる身としてはかなり持ってる。今回のNikonミラーレス機について纏めてみる。

  • Z7/Z6の2機種
  • Z7:ローパスフィルターレスで高価
  • Z6:やや安価(まだ手が出せそう)だがローパスフィルターあり
  • ちらっと拝見した限り、Z6の描写は柔らか過ぎっぽい
  • ボディーは大きいがホールドはしやすい
  • 画像云々は置いといてもボディーの信頼性は高い
  • Fujifilmに慣れたせいか露出補正ダイアルが使いにくい
  • 画像保存媒体が高価
  • マウントアダプターが全て揃ってなさそう
  • 現在持っているNikonレンズの殆どが使えない
  • レビューがまだ出揃ってない

ってな感じです。で対抗馬となるSony α7Rシリーズ。

  • α7RⅡ:もちろんローパスフィルターレス。一世代前の製品。
  • α7RⅢ:現行製品。Z7より少し安いぐらい。
  • 防塵防滴を謳っているがNikonに比べ不安感がある。
  • α7RⅡは電池の持ちが悪い←雪山持っていけるのか?
  • シャッター感が微妙。
  • レンズマウントの脆弱性が問われてる(7RⅢは補強してる)。
  • オールドレンズ使用者には定番のカメラゆえ、マウントアダプターは豊富。
  • 記録媒体はSDなんで安価。

さてさてホンマに悩んでますが、悩むぐらいならもう少し待つのもアリなんだろうな。

 

 

 

 

今更ながら

やっぱりフルサイズが欲しいな。
写真はHelios。グルグルボケで有名なオールドレンズ。APSCではグルグルが作りにくい。。

 

次ページへ »