データーを取って行こう


FB、INSTAにはアップ済み(笑)

高回転をキープしやすい状況となり、日々の通勤時間もアップしてると言う💦
ほんと、よく加速するようになったパニさんです。

と言う事で、空冷エンジン、特にFIモデルは高温になりやすいと言う情報も流れている。私もその辺りは凄く心配で、いつまでも乗り続けれるようにと相談していましたが、SHOPからのおすすめはツインオイルラインでした。オイルクーラーちゃうんやとびっくりしました。でも氏いわく
「ノーマルでもオーバーヒートしたことないでしょ?その辺りはメーカーもよく考えてますよ。それに前方から風が当たるとはいえ、一番熱いエンジンとエキパイの近くに設置して、サーキットでもないのにすぐに温度上がりそこまでの効果はどうなんでしょ?」との話も伺った。なるほど、確かに一般では信号待ちもありますもんねぇ。

てなわけで、ちょっと油温ってどうなんでしょ?とデータを取ってみることにしようかと、油温計を取り付けた。まぁツインオイルラインの横にセンサーを取り付けただけっすけど。これから夏になるし通勤時でどこまで温度が上がるのかテストしてみようと。
取り付けテストで見た温度は30℃ちょい…帰宅(数キロ)で62℃ほどだった。

さて翌日、朝の4時半頃に目覚め、今日の天候悪かったよなぁと思いつつ、路面観るとDry...雨雲レーダー確認すると数時間は保つ模様であった。ならと朝活へと。高回転キープし易さと加速を楽しむためもある。
メインキーonで28℃だった。そこから少し暖気しつつ、出発して某所へ。
で、外気温21℃だったところ、80℃まで油温は上がった。まぁスキルもないし小僧でもないのでそこまではねぇ💧小休止してると、他のSR乗りさん(同じ4型色違い)が来て、少し談笑しつつ、ボアエースの社長来てるよって言ったら驚いてはった。結局は氏も合流し殆どプチミーティングになってましたけど(笑)
しかし、朝の6時にSR3台が偶然に揃うってなんか気持ち悪いね(笑)

閑散としている

いつぞやの帰り道のお写ん歩。
緊急事態宣言も延長となり、パトロールしてきた。

いつも徘徊?していたストリートも店は閉め、人も居ない状況。
仕方ないね。

アイカップ

X-S10の弱点?でもあるファインダー。ボディサイズが小さいせいもあるのか、ファインダーが小さ目。なので、覗くと天候次第では光が入り見難い事があった。まぁ別段そこまで不具合でもないので様子見ていた。純正でアイカップのラインナップもなく、サードパーティー製に期待するしかなかったわけで、販売されているモノを見ると微妙な感じ(液晶が動かせないタイプが多い)だった。
そのため、ホットシューカバーを購入して使用していたのですが、そのホットシューカバーを紛失した。
使っていたホットシューカバーは木目調の物を使用して、結構お高いのよね💦で某通販サイトを見ていると、アイカップが安価に売られていた。おっ?と思い、確認してみると液晶にあまり干渉し無さそうだった。
で早速ポチっと。。
まだしっかりと使用していないので使用感っていうほどでもないのだけど、眼窩にジャストフィットしてます。つかグッとのぞき込むと、食い込む感じで非常に見やすい。
アイカップを外さなくとも液晶も動かせる。でもって安価とな。
あとはX-S10の装備で欲しいと思うのは縦グリップかな?
気づけばSmallRigからアルミ製のグリップも販売されているが、X-S10のグリップ力は高いので不要かな?とは思っていますが、このグリップ、アルカスイス互換する…ただ結構重量が増えるんだよね。

なんとなくクセが分かってきたぞぉ

不思議な描写するレンズだなぁと思ったPergear 50mm
今回撮ってきたのでその時の考察です。
写真の様に普通に撮れるのだけど、

この様にピンを外すが、フィルムライクな写りになる時がある。このクセが面白いと言うのか、おかしいなぁ?とも思いつつ、なぜだろうと推測すると、周辺の構造度が弱いんだろうと思う。大きな被写体に合わせて中心近くの構図であれば問題ないが、少し端の方に小さく被写体を持って行くと歪みやすいと言うのか?ボケたように見えるのではないだろうか?
通常なら使いにくいで終わるんだけど、この描写もも捨てがたいのよねぇ。。

ありがたいことだ

SRのカスタムショップで、ある日のライディングの話の中で、荷重の話になった 。で、その際に、足首でホールドすると乗りやすくなるよと言う話を聞いたわけです。確かに、最近の車種ではホールドしやすかった。CB子もそうだったし、ニーグリップもしやすかった記憶がある。しかしながら、40年以上踏襲された車格であるSRはそうもいかない。なので、ホールドできるようにホールドプレートをお勧めされたが、フレームに加工する時点でどうもなぁと。。で、以前にも書いたが自作していたんだけど、今回フレーム加工なしに取り付けれると言う事となった。キャブ車とFI車で微妙に異なる場合があるから見せてって言われ、行ってみたところ、やはり当方のFI車には…で、その後商品開発の為に採寸やら色々(笑)。で先日完成と言う事で装着してみた。
やっぱプロが作成してると違いますね。しっかりと固定されている。
前はプラ板にボンドでウレタンゴムを適当にカットしたものを付けていたが、今回はプレートにマジックテープを付け、ウレタンゴムの厚みを調整しながら

できる点は非常に楽だ。結局のとこと、前作の自作プレートより厚みを増したところで納得する。これで快適にまた戻った。

次ページへ »