新たな仲間

なにかしらの事がないとなかなかレンズに予算を割り振れない(笑)
とか言いつつ、今まで色んなレンズを入手してきたんですけどね💦
さて、今回は娘の試合を見に行く為にと、とうとうと言うか、望遠単焦点レンズを入手しました。。
まぁ、前々からいつかは購入しようと思っていた1品ですけどね。ただ、焦点距離が距離だけにいつかは程度で、優先順位的には低めのレンズでした。
なんせ、基本的に広角系~標準を主体に使用する傾向ですからどうしてもねぇ。。と、言いつつ標準レンズである50㎜はそれほど持っていませんけど(笑)

今回のレンズもY/Cレンズで、一般的に流通しているレンズの中では最大ちゃうのかなぁ?レフレックス(ミラー)レンズはたまに見かけるけど。。
4/300㎜の単焦点レンズ。現在で言うと小三元レンズの分類ですかね?F値が4ですし。
色んなサイトを見ていると、「やわらかい描写」や「テッサーらしい高コントラスト」とか書かれているサイトを散見する。

現在では安価に入手できる、球数の多いレンズの1つですが、自分の撮影スタイルからどうしても優先順位が低く現在に至ったわけですが、入手した今でも”どこまで使用するんだろうか?”と自分的にも考えてしまう。じゃぁなんで買うんだ?と言われそうですが、300㎜は望遠系ではとりあえずの最終焦点距離ってナゼか思っちゃうので、入手だけはしておこうかなぁと言うちょっとしたコレクター的な発想を拭えません。いつもの飛行機撮りなんかには重宝するでしょうけど、近場だけに早々行かないし、子供たちも大きくなり運動会とかも参加してない現在ではやっぱあまり使用頻度はないのかもしれませんね💧

さて使用頻度はともかく、これで望遠系では次のパターンが使用できる。

・Vario-Sonnar 4/80-200mm:ちょっとした中距離~望遠で使用
・Vario-Sonnar 4/80-200mm+Mutar:暗さはともかく、実質焦点距離は160-400mm相当
・Tele-Tessar 4/300:固定望遠で、トリミング覚悟で使用。
・Tele-Tessar 4/300+Mutar::600㎜相当の望遠距離となり、野鳥(やらないけど)や飛行機など遠距離撮影仕様

と、なります。今までのAPS-CではVario-Sonnar 4/80-200㎜で換算600㎜相当の望遠端を確保できてました。現在はフルサイズ機ですが、当然APS-C撮影も可能であり、最大900㎜相当の望遠端を確保できたことになります。また、APS-C機より高解像度で今までの600㎜相当の望遠端を得ることができたと言う事です。

さてCarl Zeissが好きで、ヤシカコンタックス(通称ヤシコン Y/C)のCarl Zeissを主体として収集(コレクターかいな💧)して、少しまとめてみる事にする。

・Distagon 4/18mm
・Flecktogon 4/20mm
・Distagon 2.8/28mm
・Tessar 2.8/45mm
・S-Planar 2.8/60mm
・Vario-Sonnar 3.5-4.5/28-70mm
・Vario-Sonnar 3.3-4.0/28-85mm
・Vario-Sonnar 4/80-200mm
・Tele-Tessar 4/300㎜

と言うラインナップです。Flecktogonに関してはY/Cではなく、東ドイツのJENAのレンズになりますが、ここでは同じくCarl Zeissとして取り扱ってます。
ここで不思議なのは、一般的に使われる、または必ず販売されている50㎜や35㎜がこの中にはないのですよね。
これには理由と言うか、他メーカーのレンズでこれら所有してしまっているところでもあるんです。
ちなみに、50㎜ではNikon、Petriがあり、35㎜でもNikonやコシナのレンズがあるのでどうしても優先順位が低く(欲しくないわけではない)なっているのが実状ですね。
でもいつかは標準レンズの帝王と呼ばれるPlanar 1.4/50mmは入手したいですね。
でも今回のレンズより少しお高く流通しているのも否めないんですよね~⤵どうしても踏ん切りがつかないと言うのか💧
35㎜も前々から書いてますが、Flecktogonの2.4/35㎜ですかね?

ま、いずれと言う事で。。
さて、今回のレンズはどんな描写をしてるのか非常に楽しみです。

Pentacon 29mm

バブルボケやソフトな描写のPentacon 29mmを入手。
早速ですが、わざとバブルってみました。

それとAirly Photo。
面白いレンズを入手できました。